事務所概要

特徴として、モビリティと住宅との融和を「ガレージのある家」で提案しています。バイク、車は危険であり、その置き場を安全に確保しながら、防犯上も、使い勝手も向上します。例えばショッピングセンターに真夏や、雨の日に出かけた時、屋根のある駐車スペースに停めたくなりますね。毎日の生活に、屋根があるだけでも、壁がつけばもっと、快適になります。これは自転車や、電動キックスケーターなどの新なモビリティでも同じことが言えます。
こうした取り組みは、雑誌にも取り上げられており、代表の髙橋自身も、車やバイク、自転車が好きで、世界的なカーデザイナーの事務所でも縁があり働いていました。メカ好きも、技術屋さんも納得するような性能を備えた仕様を基本ベースにしています。
その上で、毎日の生活のストレスを減らせる間取りの提案で、「旅行に行かなくても良くなった」と言う施主様の感想をいただくことがよくあります。とくに在宅ワークが増えている現代、居心地の良さと、ストレスフリーを目指した家づくりのお手伝いをしております。

また、B to Bとして、不動産ディベロッパー様、企業様の発注者側サポートも行なっております。対建設会社でお困りの方に、コストのマネージメントを行いながら、新たな時代(環境性能)の建築をご提案をさせていただいております。

髙橋貴大一級建築士事務所
(たかはしたかひろ いっきゅうけんちくし じむしょ)

代 表:髙橋貴大(一級建築士・管理建築士・開設者)
所在地:静岡県浜松市中区曳馬三丁目5−8
電 話:053-465-3616
メール:hitoken2@hitoken.com
定休日:祝日、日、月(年末年始、GW期間、夏季休業あり)

登 録:一級建築士事務所 静岡県知事登録(1)第8008号
開設者:髙橋 貴大
管理建築士:一級建築士 髙橋 貴大
登録の有効期限:令和4年3月17日から令和9年3月16日まで

髙橋貴大一級建築士事務所 外観

髙橋貴大 略歴
1972年 新潟県生まれ
1990年 新潟県立柏崎高等学校 卒業
1994年 工学院大学 工学部 建築学科 計画専攻 卒業(工学学士)
1996年 工学院大学大学院 工学研究科 建築学専攻 修了(工学修士)
1996年 株式会社OMソーラー協会設計部、入社
2001年 一級建築士 登録(国土交通大臣登録第297743号)
2005年 一級建築士事務所 人・建築設計所、開設
2015年 同 東京事務所、開設
2018年 株式会社ジレノデザイン、設立
2020年 KEN OKUYAMA DESIGN、管理建築士、就任
2022年 髙橋貴大一級建築士事務所、開設

主な建築作品
富塚町の家(浜松市)
新子安の家(横浜市)
南アルプス子どもの村小学校、寄宿舎、体育館(南アルプス市)
クリーニングのエブリ丸塚本店(浜松市)
など、住宅設計を中心に新築、大規模リフォームを50件超の実績

南アルプス子どもの村小中学校体育館

ご依頼検討中の方へ

私どもに依頼するお客層は、本当に様々です。やりたいことが決まっている方もあれば、漠然とされた方もいらっしゃいます。せっかく家を建てるのに無駄なお金を使いたくないというお客様もいらっしゃいます。
設計事務所に依頼すると高くなると思っている方もいらっしゃると思いますが、それは私どもに限ってはむしろ逆です。ハウスメーカーさんで建ったお客様にご相談されて、リノベーションすることもありますが、お金がかかっている割に、アパート+アルファの仕様だったりするので、私どもの方がビックリします。とはいえ、コストパフォーマンスがいいという意味で、ローコスト住宅をお勧めしているわけではありません。

建てたいと思った時点で、なにも決まっていなくても、ご相談いただけます。一緒に土地を探すお客様も多くいらっしゃいます。
お電話かメールにて、ご連絡ください。お電話では「髙橋です」と応答します。「HPを見て、新築(リフォームなど)を検討しています」と言っていただけると、話が早いです。どこでお知りになったのか、ご紹介者さんがいれば、教えて下さると助かります。

電話:053-465-3616
または 090-7028-3945(携帯の方が繋がりやすいです)
メール:hitoken2@hitoken.com(件名を「お問い合わせ」として下さい)

私どものことを知っていただくには、過去に作っていたブログや、SNSを是非ともお勧めします。

新築のお客様

直接お話しする方がベストと思いますが、リモートでのお打ち合わせにも対応しております。画面共有でお話しできるように事前に資料をメールにてお送りください。

建て替えの場合

ご要望をお聞きします。「土地の資料」や、いまお住まいの「住宅の確認申請」などがありましたら、ご用意ください。
「土地の資料」は、法務局の発行する公図、測量図、不動産会社の作る重要事項説明書、確認申請の配置図などです。 

新規の土地に建てる場合

土地の入手が未だの場合は、ご要望や条件をお聞かせいただき、建てられるかどうか確認して、土地探しのお手伝いします。

土地をお持ちの場合や入手済みの場合は、ご要望をお聞きしますので、「土地の資料」をご用意ください。
「土地の資料」は、法務局の発行する公図、測量図、不動産会社の作る重要事項説明書などです。

リフォームのお客様

リモートでのお打ち合わせは難しいです。直接現地にてお話しするのがベストと思います。

ご要望をお聞きします。いまお住まいの「住宅の確認申請」などがありましたら、ご用意ください。

設計監理費について

建築設計、及び監理にかかる金額は、国土交通省の告示によって報酬額を算定できます。詳しくは、こちらをご覧ください。
なお、私どもでは地域の情勢に合わせて、上記の算定額よりも低く、新築の場合では建設費の総額の12%を目安にしております。なお、リフォームの場合は、その都度ケースが違いますので、お見積させていただきます。

作品

リノベーション

新築するよりも、リノベーションする方が良いことがあります。例えば、コスト面や、新築が難しい土地など。この作例ではご両親から引き継いで欲しいとその美しい外観や屋根を残して、築36年の現代和風の邸宅を増築しながら、フルリノベーションした例です。
躯体を強化しながら、広く使えるよう構造計算し直し、新たに制振ダンパーで補強。断熱材も窓も高性能なものとしました。そのため、コストもかかりましたが、新築以上の性能を持つ建物に生まれ変わりました。
なお、「ガレージのある家」(ガレージライフ編集部/2022年10月発売)に掲載されています。

まだまだ工事中です。
新築その他、リンク先をご覧ください。

上にスクロール